Blog司法書士

2011年3月10日 木曜日

横飛ばし計算 (相互充当計算)について

クレジットカード会社を相手として過払金返還請求する際の問題として、いわゆるキャッシング取引(利息制限法の制限利率を上回る)とカードローン取引(利息制限法の制限内の利率)の2形態の取引がある場合に、キャッシング取引で発生した過払金をその時に存在するカードローン取引の借入金債務に充当できるか否かという論点(横飛ばし計算とかミックス計算とか相互充当計算とかいろんな呼び方?があるようですが)があります。
当事務所が関与している事件は、第一審は横飛ばし計算を認めず、控訴審も難色を示している状況です。なかなか難しいんですかね。
というのも、横飛ばし計算そのものを採用した計算書の作成自体が結構面倒(?)なこともあり、そのような主張自体がなかなかなされないため、裁判所に係属している事件自体が相当少ないのではないかと思います。
もっともっと同様の事件が増えれば、どこかの裁判所がぼちぼち認め始めるのではないかと考えます。
そんな期待を胸に、横飛ばし計算書作成からもお手伝いいたしますのでご相談ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 芦屋「阿部・上野司法書士法人」

お問い合わせ

新着情報

一覧を見る

2012/06/05

借金のお悩みを解消するために、個別相談会を実施しております。
JR芦屋駅すぐの上野司法書士事務所へお気軽にご相談ください。

2011/09/01

借金問題についての個別相談も実施しております。お気軽にお問合わせください。ご相談お待ちしております。

2010/12/13

芦屋市を中心に神戸・西宮・尼崎・大阪・京都まで幅広くご対応致します。 芦屋市@司法書士