Blog司法書士

2011年10月17日 月曜日

それが最善の策だったのでしょうか?...

.........そんなことにならないために。



過払金請求には色々なケースがあります。

計算上100万円の過払金があるが、やむをえず90万円で和解すべき場合や、

相手からの和解提案を断り、判決まで求めるほうがよい場合など、さまざまです。



私たちは、相手会社一社ごとの、ベストな解決方法を、理由も明らかにしてご説明しております。


これがとても大事なことです。

考えてみてください。

依頼した司法書士や弁護士から、相手会社一社ごとの経過報告がもらえない、すなわち、

① どこの会社といくらで和解したのか、さらに、

② なぜその金額で和解すべきだったのか、

理由の説明も事前相談もなかったら...


ただ最終結果のみを示されて

「これがベストの結果なんだから納得してくださいね」と言われたらどうでしょう?

あなたが不満を持つのは明らかです。



専門家(弁護士や司法書士)一人あたりが50~100人(多いところではその数倍でしょう)のクライアントを常にかかえるような大規模な事務所では、このような一件ごとのきめ細やかな対応は相当困難でしょう。


私たちは、常に、相手会社一社ごとに、最善の道を模索しています。



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 芦屋「阿部・上野司法書士法人」

お問い合わせ

新着情報

一覧を見る

2012/06/05

借金のお悩みを解消するために、個別相談会を実施しております。
JR芦屋駅すぐの上野司法書士事務所へお気軽にご相談ください。

2011/09/01

借金問題についての個別相談も実施しております。お気軽にお問合わせください。ご相談お待ちしております。

2010/12/13

芦屋市を中心に神戸・西宮・尼崎・大阪・京都まで幅広くご対応致します。 芦屋市@司法書士