Blog司法書士

2011年4月22日 金曜日

認知症の方の債務整理も可能です。

こんな事例があります。

「父親がたくさん借金して、返済途中だったところ、アルツハイマーや認知症にかかり、仕事も返済もできなくなった。
金融会社からの督促が来ても、どうすることもできずにいるがこの借金はどうしたらいいか?」


認知症などになった方は、そのままでは、弁護士や司法書士に依頼して債務整理をすることができません。


ましてご親族の方からの依頼では弁護士、司法書士も引き受けることができません。


本人の「依頼する」意思が不明確だからです。



このような場合、一つの方法として、成年後見制度の利用が考えられます。


成年後見制度とは、認知症などにかかり判断能力が衰えた方の代わりに、対外的な契約などを正当に行える「成年後見人」を選任する制度のことです。


上の例でいえば、ご親族が成年後見人になったうえで、その成年後見人と


弁護士、司法書士の間で債務整理を依頼する契約が結べます。


こうすることにより、根本的な解決がはかれることとなります。


成年後見制度は世間的にもかなり浸透してきているため、おおげさなものでもありません。


成年後見の申立ての手続きは、家庭裁判所に対して書類を提出しなければなりません。


手続きについても、お気軽にご相談ください!



 
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 芦屋「阿部・上野司法書士法人」 | 記事URL

カレンダー

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お問い合わせ

新着情報

一覧を見る

2012/06/05

借金のお悩みを解消するために、個別相談会を実施しております。
JR芦屋駅すぐの上野司法書士事務所へお気軽にご相談ください。

2011/09/01

借金問題についての個別相談も実施しております。お気軽にお問合わせください。ご相談お待ちしております。

2010/12/13

芦屋市を中心に神戸・西宮・尼崎・大阪・京都まで幅広くご対応致します。 芦屋市@司法書士