Blog司法書士

2011年9月26日 月曜日

武富士の更生計画案 賛成?反対?

当方で可能な限り簡単にご説明すると次の通りです。

現在提示されている3.3%という弁済率ですが、反対が大多数となれば武富士は破産の危険性があります。

そうすると、武富士によれば1.92%ほどの配当になるそうです。

今回提示されている3.3%の弁済資金の出どころはほとんどスポンサーからのようです。

破産になればそのお金は期待できなくなります。

反対を勧める団体の言うことも、破産管財人の言うことも、誰の言っていることも信用できない、そんな状況です。

私たちも、個人的な見解はあるとしても、皆さんの立場になったらやはり悩むだろうと思います。
結局どうなの・・・という締めくくりで、すみません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 芦屋「阿部・上野司法書士法人」 | 記事URL

2011年9月20日 火曜日

全国対応!

全国対応! 拡大計画遂行中!

最近、遠方からのお問い合わせが増えてきました。
任意整理や過払金の請求などの分野では特に、「全国対応」、「電話無料相談」が当たり前の時代が到来しました。

他の業務でいえば、家庭裁判所に提出する相続放棄の申述などは、郵便でできますし、不動産の相続や贈与による名義変更も今やオンラインが普及しており、遠方であることで我々が被るデメリットは皆無です。
便利な世の中になりました。

言うまでもなく、当事務所も全国対応です。

お問い合わせは「依頼」ではなく「質問」です。お気軽にどうぞ!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 芦屋「阿部・上野司法書士法人」 | 記事URL

2011年9月20日 火曜日

新たな依頼者(アコム過払い訴訟)

宮城県からの過払い金返還請求の依頼者です。
自身で取引履歴を請求したところ、アコム担当者より「テレビCMで既にご存じかもしれませんが、専門家(弁護士、司法書士)に依頼すると余分な費用がかかりますから」といわれたそうです。

つまり、専門家(弁護士、司法書士)に依頼すれば費用がかかり戻ってくる過払い金が減るので、自分で請求された方が得ですよ、といっているようなもの。

しかし、専門家(弁護士、司法書士)の費用は余分なのでしょうか、つまり自分で手続をしたほうが「得」なんでしょうか?

過払い金と一口で言っても争点(「取引の分断、一連」や「悪意の受益者」、「消滅時効」、「各種特段の事情」)が多数存在し、一部の貸金業者は執拗に争ってきます。
そんな中、ご本人が、過払い金訴訟の知識経験ともに豊富な貸金業者と対等に渡り合えるとは思えないのですが・・・・

専門家に依頼しない場合は、争点に対する正しい見解をもてず、相手のいいなりの金額での和解に陥りやすいです。
これを考慮に入れれば、専門家に頼んだほうが、専門家の報酬を引いてもまだおつりがくるぐらいの金額での和解が、十分に見込めます。

貸金業者も、専門家に駆け込む前にご本人を説得しようとするなど、いろんな手を使ってきますね。


                             阿部・上野司法書士法人
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 芦屋「阿部・上野司法書士法人」 | 記事URL

2011年9月20日 火曜日

大手クレジットとの裁判の結果・・・ゼロ和解!! 

ゼロ和解! 本日の裁判の結果です!
ゼロ和解とは、、、借金もない、過払い金もない、そうゆうことで解決しましょう、という内容の和解のことです。

相手は大手クレジットカード会社でした。
取引履歴を一部開示してくれなかったため、過払い金の請求訴訟を継続していましたが、未開示部分が1年ほどであったことより
推定計算をしても債務が残りそうな事案でした。
判決となれば過払い金請求は棄却されていたかもしれない・・・

相手は5万円ほどの貸し金債務があるとの主張を維持しておりましたが、当方よりゼロ和解を提案し、相手の承諾により和解が成立。

当初の約定債務は60万円だったので、単純に60万円の債務がなくなったことになります。

債務が残るかもしれない事案だっただけに、ゼロ和解(債権債務無し)で解決できたのは良かったというところでしょうか。
時間はかかりましたが,裁判を利用しない話し合いでは無理だったでしょうね。

全部の履歴を開示しない業者の事件は、一件一件丁寧に対応していると、それなりに時間もかかります。

彼らとの戦いはこれからも続きます・・・

芦屋の司法書士上野孝司でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 芦屋「阿部・上野司法書士法人」 | 記事URL

2011年9月15日 木曜日

債務整理あれこれ~どんな手続きがあるの?

借金と一言で言ってしまうとどうしても悪いイメージを持たれてしまいそうですが、最初から返せないと思って借りたり、買ったりする人はいません。

漠然であったとしても、その時は返せると思っていたはずです。


電化製品や自動車、マイホームの購入等、一度にまとまったお金がなくても、分割払いで高額なものを手に入れることができる時代です。

しかし、景気や社会情勢の変化により収入が減ってしまうことや、どうしても必要な緊急な出費などで当初の計画との差が生じ、債務を溜め込んでしまうことは誰にでも起こりうる事態だと思います。


そういった返済困難に陥ってしまった債務を整理する方法が用意されているわけです。

その債務整理の方法とは、


1 破産

  借金は基本的に免除されます。

  あくまでも国が法律で認めた制度です。

  条件をみたすのであれば、利用することは悪いことではありません。仮に借金が永遠に免除されないとなると、人間は犯罪を犯してでも返済をしなければいけないという心境に陥る可能性があります。

  国としてもそんな犯罪大国になるよりは、破産を認めた方がよほど国益になると考えているはずです。


2 個人(民事)再生

  細かいところはホームに譲るとして、簡単に説明すると、借金が5分の1に減るという制度です。

  多額のギャンブルや投資などで借金が膨らんでしまい、破産するにしても肝心の免責がされない(浪費などが目立つ場合は、債務が免除されない場合があります。)ことがあることから、そのような方でも利用できるように創設されたのが、再生手続きです。
  住宅ローンを返済しながら他の借金を5分の1にすることもできるので、住宅を守る手続きとしても利用価値は高いです。

3 任意整理 (および過払金返還請求

  利息制限法に定められた最高の利率を超える高金利で借り入れをしていた場合、本来支払う必要のない利息を支払ってきたことになります。

この本来支払う必要のなかった利息を元金の返済に充てたことにすれば借金は必ず減ります。

その計算をしたうえで、減ったあとの残金をどのように払っていくかを各債権者と話し合って返済計画を立てる手続きが任意整理です。

将来の利息をカットして再生計画をたてれることが多い点が、とても利用価値の高いところです。

最近では、この点(将来利息のカット)だけを目当てに任意整理することも少なくありません。

返済は驚くほど楽になります!


「本来支払う必要のなかった利息を元金の返済に充てたことにすれば、借金は必ず減ります。」と言いましたが、これが行き過ぎた状態が「過払い」です。

元本が計算上なくなってしまったあとも返済を続けたことになるわけですから、これは全額返金してもらえるはずだという考え方です。

最高裁判所も認めたものであり、もはや一般化していますね。

過払いになっている相手からは返金を受け、債務が残る相手には、できる限りの返済計画を提案し、生活再建を試みるというのが、任意整理の王道です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 芦屋「阿部・上野司法書士法人」 | 記事URL

2011年9月12日 月曜日

業務日誌(h23.9.12)

こんにちは、司法書士阿部秀和です。
明日は、西宮の簡易裁判所で過払い金返還請求の事件です。

和解に代わる決定で終了予定です。

争点が少ない事案においても、なかなか金額の折り合いがつかず、過払い金の返還日もだいぶ先になる事件が増えてきました。

過払い金を取り戻して終了、という方ならまだしも、他に借金が残っている方にとっては、一日も早く返還してほしいところです。
どこの会社も相当厳しいのでしょうから、そうばかりも言ってられませんが。

明日は、判決をとってもまったく過払い金を支払ってくれない貸金業者に対する、債権差押命令の申立書を作成提出の予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 芦屋「阿部・上野司法書士法人」 | 記事URL

2011年9月 7日 水曜日

業務日誌(h23.9.7) パート2

完済日から10年以上経過してます。
がんばります。

司法書士上野孝司
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 芦屋「阿部・上野司法書士法人」 | 記事URL

2011年9月 7日 水曜日

業務日誌(h23.9.7)

こんにちは。司法書士上野孝司です。
現在係争中の過払い金請求事件に関し、消滅時効関連の長~い準備書面作成中です。
ブログ更新の時間がありません。
では。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 芦屋「阿部・上野司法書士法人」 | 記事URL

2011年9月 7日 水曜日

任意整理、過払いの宣伝広告について。

こんにちは、司法書士阿部秀和です。
最近、「債務整理」、「任意整理」、「過払い」の弁護士、司法書士の広告がまた増えてきました。
一番激しいのがテレビです。
朝からやってます。
同業者として微妙です。

過払いという言葉が世間的に定着して何年たつでしょうか。
定着しすぎて、過払いになっていない方でも「おれも過払いかも」という錯覚に陥って、問い合わせいただくケースが多くなっています。
まあ整理のきっかけになっているのであれば結果オーライですが。

広告をしている弁護士、司法書士らが、あえて「破産」「個人再生」をテレビで大々的にCMしないのはなぜでしょう?
たくさん来たら手に負えないからでしょうね。

どのようなクライアントにもきめ細やかな対応が必要と、我々は考えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 芦屋「阿部・上野司法書士法人」 | 記事URL

お問い合わせ

新着情報

一覧を見る

2012/06/05

借金のお悩みを解消するために、個別相談会を実施しております。
JR芦屋駅すぐの上野司法書士事務所へお気軽にご相談ください。

2011/09/01

借金問題についての個別相談も実施しております。お気軽にお問合わせください。ご相談お待ちしております。

2010/12/13

芦屋市を中心に神戸・西宮・尼崎・大阪・京都まで幅広くご対応致します。 芦屋市@司法書士