HOME > 驚きの! 実例紹介

驚きの!実例紹介

ご相談から解決までの経緯

ご自身の力で血のにじむような返済生活を乗り越え、ようやく借金総額が100万円程度まで減ったところで、債務整理をお知りになりました。

ご自身は半信半疑だったと思いますが、引き直し計算を終えて、その結果に驚きでした。

もう少し早く債務整理の手続きをとっていれば、ずいぶんと楽になったであろう典型的なケースです。

最終的には、過払い金を取り戻し、借金はすべてなくなりました。

ご相談から解決までの経緯

ご相談者は、長年、慢性的な生活費不足と闘ってきました。
そんな中、体調不良から派遣社員も続けていけなくなり、やむを得ず、債務整理をすることになり、ご依頼をいただきました。
初めは、ご自身では自己破産しか道がないと考えておられたようですが、引直計算を終えて「びっくり!」。
高額の過払い金が発覚しました。

ただ、回収の道のりは険しいものでした。
訴訟の中で、取引の「分断」が争点となり、かなりの期間がかかりました。
この訴訟で、負ければ破産、勝てば破産せずにお金が残る、という瀬戸際で、ご本人は闘うことを選びました。
訴訟の結果はいずれも勝訴でした。
判決はこちら!⇒ 判決NO.1   判決NO.2 



過払い金の回収も済み、借金はすべてなくなりました。
ご相談前は1か月10万円以上もの返済をしていたのに比べると、その差は歴然です。



 

ご相談から解決までの経緯

震災で抱えた二重ローンの苦しみから、クレジットカード系のキャッシングを利用するようになりました。

ご相談者はクレジットカード系のキャッシングは整理の対象とならないと思いこまれていたようで、さらに配偶者も借金を負っており、破産しかないのでは、と考えておられたようです。

しかし、お話によれば相当高金利のキャッシングを利用されており、しかもその期間も相当長いことが判明したため、任意整理で十分対応できるのでは?と意見を申し上げたところ、債務整理をすることを決意されました。

引直計算を終え、その計算結果(借金がすべてなくなること)をお伝えすると、ご本人は「信じられない」、「どういう意味ですか?」、「なぜそんなことになるのですか?」とずいぶんお疑いのようでした。

しかし、詳しい説明をお聞きいただいた後は、精神的に何か大きいものから解放されたかのように、お元気な話しぶりに変わられました。

結局、配偶者の方も同じように債務整理を進めることとなり、すべて解決に至ることができました。


ご相談から解決までの経緯


ご相談者は、息子さんの力を借りて債務整理をすることなく、すべての借金を返し終わっている方でした。

ところが、息子さんがご自身の生活が立ち行かなくなったため、ご自身の債務整理をされました。

そこで思わぬ結果(借金がほぼすべてなくなった)であったため、息子さんが母親であるご相談者にも債務整理を勧めたことからご依頼をいただきました。

すべて完済していたため、債務整理することに現在よりも不利な状況になることはありません。ですから本人もさほど抵抗を感じることなく債務整理の決意をされたようです。

引き直し計算をし、計算結果に驚きでした。

全社過払いとなっており、さらに利息もつけて返還してもらったので、これまでに債権者に対して支払った総額よりも多い金額が戻る結果となりました。



 

ご相談から解決までの経緯


自営業を営まれているご相談者は、不景気から、売り上げが伸びないときの生活費を消費者金融などに頼ってきました。

取引期間は年齢の割には非常に長く、20代から利用してこられたため、およそ20年の取引となっておりました。

引き直し計算の結果は、案の定、高額な過払いとなっていました。

過払い金を取り戻したのち、債務整理委任の直前に借りた相手に対しては一括で全額を支払い、すべて終了しました。

返済生活から抜け出し、生活がいっぺんに立ち直りました!


ご相談から解決までの経緯


毎月10万円以上の返済をしているのに、借金が一向に減らない。そんな生活から抜け出すために、債務整理をすることを決意されました。

取引期間がいずれも5年前後と、比較的短期であったため、大きな過払い金は見込めませんでした。

しかし、ご本人は、何とか任意整理(破産や個人再生ではなく)で進めたいとの希望をお持ちでした。

引き直し計算の結果、若干(およそ84万円)の元金が減りましたが、なお250万円を超える元金が残りました。

これを、ご本人は、分割で返すことを選びました。

それでも十分にメリットはありました。

本来であれば、月およそ10万円の返済をしなければならなかったところ、月7万円ほどでよくなりました。

さらに、将来の利息をすべてカットしてもらったことにより、「必ず36回の返済で終わる」という明るい希望が見えました。

任意整理の最大のメリットはここにあります。

比べてみてください。

毎月10万円の返済をしているのに、まったく借金が減らない生活を 何年も、何十年も続けることと…




 

ご相談から解決までの経緯


ご相談者は、長年生活費不足を補うため、消費者金融に頼ってきました。

最近では、消費者金融でもなかなか貸付してくれなくなったため、日用品の購入や食料品などは、もっぱらクレジットカードのショッピング枠を利用して購入するようになっていました。

そんな生活を続けるうちに、借金が減っていく見込みがないことに気づき、なんらかの債務整理をしなければいけないと思い立ち、ご依頼いただくことになりました。

比較的長期間の取引があった債権者がいたため、高額の過払い金が発生していました。

これを取り戻し、他のショッピングに使った債務もすべて一括返済できました。

この方のように、「借金の返済さえなければ通常の生活ができる」という方がたくさんいらっしゃいます。

任意整理が最適なケースでした。

ご相談から解決までの経緯

ご相談者は、ご自身のお力でかなりの借金を返済してきました。

しかし、あと少しのところでこれ以上返済はできないような事情に見舞われ、やむなく債務整理をすることとなりました。

我々から見れば、「法律上すでに返済は終わっているのだから、債務整理に抵抗を感じるのはナンセンスだ」というようなことが、なかなかご相談者にはご理解いただけません。

やはり「借りたものは返さねば」という思いが強いのだと思います。

このご相談者もそのような思いで長年返済されてきたようです。


取引期間が長かっただけあり、引き直し計算の結果は、全社過払いでした。

1か月でも早く返済から逃れ、笑顔の暮らしを取り戻されたことを私たちはうれしく思います。



 

ご相談から解決までの経緯

ご相談者は、年齢的な問題から大手の消費者金融ではすでに借りられない(融資を断られる)という状況でした。

名前を聞いたこともないような中小の消費者金融から10万円前後を借りたところで、「これではどうにもならない」と感じ、債務整理を決意されました。

ご本人の中では、債務整理の方針(破産、個人再生、任意整理)は、はっきりとは決まっていませんでしたが、客観的には、収支のバランスからみて個人再生は難しいので、過払いの金額次第で破産か任意整理となると予想される状況でした。

引き直し計算の結果、(取引期間がながかったこともあり、)高額の過払い金が発生しいていました。

すべて取戻し、最後に借りた消費者金融にも一括で返済し、借金返済生活は終了しました。

担当司法書士からのコメント


すごい差です。

債務整理をせずに言われるがまま返済を続けていったら、あと何年かかるのでしょう。100年くらいでしょうか?

ありえない高金利を支払い続けた結果は、1400万円を超える過払いです。

1400万円を取り戻したところで、これまで借金返済に捧げてきた人生は取り戻せたのでしょうか。

そこは人それぞれですが。


債務整理に取り掛かるのが早ければ早いほど、傷は浅く済みます。



 
お問い合わせ

新着情報

一覧を見る

2012/06/05

借金のお悩みを解消するために、個別相談会を実施しております。
JR芦屋駅すぐの上野司法書士事務所へお気軽にご相談ください。

2011/09/01

借金問題についての個別相談も実施しております。お気軽にお問合わせください。ご相談お待ちしております。

2010/12/13

芦屋市を中心に神戸・西宮・尼崎・大阪・京都まで幅広くご対応致します。 芦屋市@司法書士