HOME > 債務整理  手続きの種類 > 個人再生

個人民事再生

個人民事再生とは

破産が、債務者の財産を換価して、債権者に配当する等の清算型手続であるのに対して、個人再生とは、個人の債務者の方を対象にした手続で、支払不能のおそれがある場合(破産の一歩手前の状態)に、債務者の全財産を換価せずに経済的な再生(借金整理)を図る再建型手続です。

特徴

特徴のイメージ

住宅などの主な財産を守ったまま、債務の整理が出来る。
借金の原因を問わず利用出来るので、破産できない借金でも利用できる。
原則3年間、一定額の借金の返済が出来れば、その他の借金を免除してもらえる。

というメリットがあります。
メリット・デメリットなどの詳細についてはお問い合わせください。

小規模個人再生

利用要件

継続的な収入の見込みがある債務者
無担保の債務の総額が5000万円を超えないこと

主な利用対象者

自営業者の方
(なお、利用対象者となるかは職業によって一律に決まるものではなく、実態を個別に判断することで決まります。)

利用上の注意点

利用上の注意点としては、再生債権者の決議と最低弁済額があります。
裁判所へ申立て後、再生計画案を作成して提出します。そして、この再生計画案は、再生債権者のうち不同意の議決権者の数が2分の1未満、その債権額が2分の1以下であれば可決されたとみなされます。その後、再生計画案を裁判所が認可又は不認可決定します。注意すべき不認可事由として次のものがあります。

  1. 再生計画の決議が再生債権者の一般の利益に反するとき
    (これは、仮に破産した場合における債権者への配当金額を下回ってはいけないということです。)
  2. 基準債権に対する弁済総額(計画弁済総額)が、基準債権総額に応じて、以下の表に定める額(最低弁済額)以上であること。
    ※基準債権:返済する総額の基準となる債権
    ※計画弁済総額:実際に弁済する総額
基準債権総額 最低弁済額
100万円未満 基準債権額全額
100万円以上500万円未満 100万円
500万円以上1500万円未満 基準債権額の20%
1500万円以上3000万円未満 300万円
3000万円以上5000万円未満 基準債権額の10%

※例えば、基準債権額が、400万円の場合、最低弁済額は100万円です。また、基準債権額が、800万円の場合、最低弁済額は160万円です。
これらの最低弁済額を原則3年の分割払いで返済することになります。小規模個人再生手続には、再生債権者の決議と最低弁済額のふたつのハードルがあることになります。

給与所得者等再生

給与所得者等再生のイメージ

給与所得者等再生は、後述の住宅ローンに関する特則を利用することで、ご自宅を手放さずに他の債務(借金)を整理できる点でメリットが大きい手続です。
給与所得者等再生には、小規模個人再生手続の規定が適用されるものが多く、ここでは小規模個人再生と違う点について記載していきます。

利用要件
  1. 小規模個人再生の利用要件
  2. サラリーマン等のように定期的な収入がある
  3. 2の収入額の変動の幅が小さい
主な利用対象者

一般的なサラリーマンの方
(なお、利用対象者となるかは職業によって一律に決まるものではなく、実態を個別に判断することで決まります。)

利用上の注意点

この給与所得者等再生では、小規模個人再生のように再生債権者の決議が必要ありません。
しかし、一方では、不許可事由に、可処分所得の要件を満たさないことが加わります。
可処分所得とは、大雑把に言えば、手取り収入から最低生活費を控除した額のことです。この可処分所得の2年分を弁済しなければなりません。この要件のため、計画返済総額が多くなり、再生計画がうまく立てられずに給与所得者等再生の手続を利用できない場合があります。※この計算について詳細はご相談の際にご説明いたします。

住宅資金特別条項(住宅ローンに関する特則)とは

ご自宅を手放さずに、生活を再建させるため(借金整理するため)に以下の条項を再生計画に加えることで、住宅ローン契約を組み替えることができます。

  1. 既に住宅ローンの支払いが遅滞して、期限の利益を喪失してる場合に、この期限の利益の喪失をなかったものとする。
  2. 上記1でも支払いが難しい場合に、住宅ローンの弁済期間を延長する。
  3. 上記2でも支払いが難しい場合に、一定期間、元金の一部の支払いを猶予する。

手続きの流れ

お問合わせ及び御相談の上、任意整理の手続きを取ることに決定。

↓

裁判所(原則、申立人の住所地を管轄する裁判所)に申立書を提出します。
※申立~認可の確定までは、通常6ヶ月程度かかります。

↓

申立てがあると裁判所は小規模個人再生の要件等をチェックします。
そして問題がなければ開始決定をします。

↓

裁判所より、個人再生手続が開始した旨が通知されます。

↓

当事務所にて、債務の返済方法等を記載して再生計画案を提出し、再生債権者の決議が行われます。

↓

再生計画案が可決されると、裁判所は、不認可事由がなければ認可します。
※認可の官報公告等が行われます

↓

上記認可が確定後、当事務所からお客様に完了報告を行います。
以後、お客様には再生計画に従って支払いをしていただくことになります。
※給与所得者等再生についても、同じような手続により行われます。

お問い合わせ

新着情報

一覧を見る

2012/06/05

借金のお悩みを解消するために、個別相談会を実施しております。
JR芦屋駅すぐの上野司法書士事務所へお気軽にご相談ください。

2011/09/01

借金問題についての個別相談も実施しております。お気軽にお問合わせください。ご相談お待ちしております。

2010/12/13

芦屋市を中心に神戸・西宮・尼崎・大阪・京都まで幅広くご対応致します。 芦屋市@司法書士