HOME > 債務整理 Q&A > Q3 手続きの流れ

Q3 手続きの流れ

① 司法書士に相談の上、正式に依頼  (委任契約


   ↓  (即日


② 司法書士は依頼を受けたその日に債権者に受任通知を発送する。
  
  (取り立てストップ


   ↓ 1~3か月後 
     (※ 相手の会社によってこの期間はまちまちです。)


③ 債権者より、「債権届」、「取引履歴」が司法書士宛て送付される。


   ↓ 取引履歴が届いた債権者の分から順番に、


④ 司法書士が、必要に応じて「取引履歴」に基づき引直計算をする。


   ↓ 


⑤ 全部の債権者の債権届がそろい、引き直し計算が終了した段階で、
  
   司法書士とご依頼者の間で協議、相談の上、どの手続きをとるか

  方針を決定する。


   ↓


⑥ 決定した手続きが、

   a. 自己破産の場合
     ・・・ 破産申立てへ向けて書類の収集などの
        準備に取りかかる。

   b. 個人民事再生の場合
     ・・・ 個人民事再生申立てへ向けて書類の収集な
        どの準備に取りかかる。

   c. 任意整理の場合
     ・・・ 各債権者と返済の条件(毎月の金額、
        回数など)についての交渉を開始する。

       ↓

⑦  a. 自己破産の場合
     ・・・⑥からおよそ1~2か月後に裁判所へ
        申立書を提出する。

   b. 個人民事再生の場合
     ・・・⑥からおよそ1~2か月後に裁判所へ
        申立書を提出する。
        ※ 返済はさらにそこから約5か月後に始まります。

   c. 任意整理の場合
     ・・・⑥からおよそ1~2か月後から返済を開始する。


①から⑤までは3~4か月かかることが多いと思われます。

その間は、事実上、債権者からの請求が止まりますので、

生活を立て直し、家計を見直す絶好の機会となります。


  方針を決めるのは、そのあとでも十分間に合います。




お問い合わせ

新着情報

一覧を見る

2012/06/05

借金のお悩みを解消するために、個別相談会を実施しております。
JR芦屋駅すぐの上野司法書士事務所へお気軽にご相談ください。

2011/09/01

借金問題についての個別相談も実施しております。お気軽にお問合わせください。ご相談お待ちしております。

2010/12/13

芦屋市を中心に神戸・西宮・尼崎・大阪・京都まで幅広くご対応致します。 芦屋市@司法書士